【新潟送迎】3泊4日プラン

 2020年12月26日〜29日

 

【福島送迎】3泊4日プラン

 2021年1月3日〜6日

 

【福島送迎】2泊3日プラン

 2021年1月9日〜11日

 

会 場:しずの家(ストローハット)

    福島県会津若松市湊町赤井字屋敷2番地

対 象:小学校1年生〜中学校3年生

定 員:15名程度(最小執行人数4名)

参加費:3泊4日プラン・・・32,000円

    2泊3日プラン・・・24,000円

     *上記金額に暖房費として+2,000円追加となります。

後 援:調整中

共 催:NPO法人寺子屋方丈舎

 

【プログラム例】

雪あそび・そり・オリジナル雪合戦・かまくら作り・イグルー作り・工作・お菓子作り・夜のかくれんぼ など

*会場近隣に積雪が少ない場合は、確実に雪がある裏磐梯猫魔スキー場にて「そりあそび」を実施します。



【福島送迎】3泊4日プラン/2泊3日プラン

集 合:いわき駅前(8:30)

    郡山駅東口(10:00)

    現地(11:30)

解 散:いわき駅前(17:30)

    郡山駅東口(16:00)

    現地(14:30)

【新潟送迎】3泊4日プラン

集 合:新潟駅南口(9:30)

    現地(11:30)

解 散:新潟駅南口(16:30)

    現地(14:30)



【ストローハットしずの家 福島県会津若松市湊町】

いわき駅ストローハットしずの家は磐梯河東ICおよび猪苗代磐梯高原I Cからそれぞれ車で15分程度の立地にあります!

猪苗代湖まで徒歩約40秒!磐梯山を一望できる素晴らしいロケーションです!

近隣にはレクリエーション公園など、のびのび遊べる施設もあり、かくれ里のような雰囲気の集落内でおもいっきり遊びができます!



この度の、新型コロナウイルス感染症の国内感染の動向を鑑み、自遊学キャンプ開催時における新型コロナウイルスの感染防止のため、下記の対応をとらせていただくことといたしました。つきましては、ご参加される各ご家庭の皆さまに対して、本対応をご理解いただくと共に、何卒、ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

 

 【参加者の安全確保と感染防止】

原則、自遊学キャンプ開催時は以下の通り実施いたします。

1、マスクの着用(車中や施設内などの密室になりうる場面において)

2、手洗い、うがいなどの自らできる予防を徹底します。

3、アルコール消毒の徹底

4、施設内の換気を徹底

5、健康チェックシートによる健康管理(PDFファイル参照)

6、ボランティアスタッフの事前健康チェックを実施

ダウンロード
健康管理チェックシート.pdf
PDFファイル 66.9 KB


参加経験者の方はLINEから申込み出来ます!!

以下の情報をLINEでご連絡ください!!

・参加希望日

・参加者氏名

・保護者氏名



①上記「申込みをする」よりお申込みフォームにご入力ください。

②ストローハット事務局より申込完了メールを送付いたします。

③ストローハット事務局より、参加要項を送付いたします。

④お客様より、参加費をお振込みにてお支払いいただきます。

⑤お客様より、参加要項中の返信書類を送付いただきます。

⑤当日、元気にお会いしましょう。

キャンセルポリシーについて、お申込み後、やむをえずキャンセルする場合は、以下のキャンセル規定をご確認の上、ご連絡ください。

キャンセル規定にかかる日にちでキャンセルされる場合はキャンセル料が発生いたします。

 

7日前まで・・・全額返金

2日前まで・・・参加費の50%返金

前日および当日・・・返金致しかねます。



子どもミーティングなどで遊びを決められるので、自分たちの意見で遊びを”変える”ことができます。「遊びの選択肢は子どもにある」子どもが主体なので、ストレス無く、ハッピーな時間をたくさん過ごすことができます!

子どもミーティングでは、プログラムのテーマに沿って、子どもたちと一緒にやりたい遊びを出し合います。出し合った意見を基に子どもたち同士で遊びの計画を立て実際に活動していきます。子どもたちが主役となるキャンプを実現するための大切な時間です!


男女や年齢で班分けをすことはありませんので、子どもたち同士の関わりの幅が広く、年齢や性別に囚われない関わりをすることができ、異年齢交流が活発に行われます!

 

 

子どもたちが相談しながら遊びを作っていくので、自然に子ども同士のコミュニケーションが活発に行われ、友だちができやすい環境が出来上がっていきます。また、リピーターの方が多いので1度友だちになった子と再会できやすい!



【安全管理】

自遊学キャンプを実施する上で1番重要なのは、「子どもたちの安全」です。事前の準備を含めて、安全管理を最優先に考えながら、プログラムを進行しております。

 

【人材育成】

自遊学キャンプに関わるスタッフは、一般公募で応募してきた方々(10代〜30代)と自遊学キャンプのOBスタッフで構成されます。子ども15名に対してスタッフ4〜5名体制で実施いたします。

 

【子どもへの対応】

プログラム期間中の子どもたちの変化に対応するべく、子どもたち就寝後に、スタッフミーティングの時間を設け、子ども1人1人の様子の共有と翌日の対応を協議しております。

 

【アレルギー・お薬】

子どもたちのアレルギーや常備薬に関しては、事前に申告していただいております。また、アレルギー常備薬の使用については事前に保護者様との確認をさせていただきます。

 

【緊急時の対応】

万が一の大怪我およびアレルギーなどで、病院への搬送が必要な場合は緊急時の対応フローをもとに対応いたします。


Q:参加する子どもたちの地域は?

A:主に郡山市、いわき市、新潟市の子どもたちが多いです。その他は、会津若松市、須賀川市などなど

様々な地域からご参加いただいております。

 

Q:参加する子どもの学年、男女比は?

A:小学校3年生〜5年生の割合が多いです。男女比の平均は男の子:4、女の子6といった割合です。

 

Q:1年生の参加でも大丈夫ですか?

A:もちろん大丈夫です。1年生でもすんなりとプログラムに入れるようにスタッフがフォローいたします。またお互いの意見を言う場面でも、スタッフが代弁したりしながら、小さい子の意見を反映させていきます。

 

Q:初めての参加でも大丈夫ですか?

A:もちろん大丈夫です。ご参加されるにあたって、ご不安なことがあれば何なりとお申し付けください。

 

Q:どこまで子どもたちに任せているのか?

A:子どもの自主性を尊重し、子どもたちが相談して決めたことは必要に応じてスタッフがフォローしながら実施していきます。

 

Q:スタッフと子どもの比率は?

A:子ども15名につきスタッフ4〜5名がサポートいたします。

 

Q:持ち物などは?

A:お申込みいただいた方に、参加要項を送付しておりますので、詳しくはそちらをご確認いただきます。基本的には汚れても良い服装でお越しください。